魔道杯とトカ猫のウィズ

黒ウィズ関連。特に魔道杯を中心に記事を書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大魔道杯 爆(バーニング) 


2016061818102175f.jpeg
ラナニス3姉妹による、魔道杯バーニング。ただいま絶賛開催中です(6/17〜6/20)。

まぁ、まだ開催中とはいえ私は今回速いデッキが組めず、石も尽きて撤退してしまったのでつらつらと書いていきます。

使用デッキの紹介


鉄壁殴り落とし型(3T)


201606181908365c3.jpeg
まず最初に組んだデッキです。斬撃+アリエッタとルピラの攻撃×3+余った攻撃とカウンターで鉄壁を落とします。
残りは真ん中殴りですが、カウンター枠がルピラの場合ヴィクトリアをどこかで1回左に当てる必要があります。
クリティカルが発動すれば早いですが、そうでない場合ラップタイムが2分を超えるのと誤答が許されないのでボツ。

多段カウンター型(3T)


20160618190800f40.jpeg
メリルとクラリアを利用しHPを1にした状態でミルドレッドの多段カウンターを張り、真ん中を殴ります。全員の奇数調整がポイント。
多段カウンターの発動がいちいち遅いためボツ。

2Tクリア型(2T)


201606181908215bb.jpeg
左を2Tで殴りきり、真ん中を怒らせてカウンターで落とします。
アリエッタの斬撃魔術が遅いのと、真ん中の怒りのエフェクトが長いためボツ。

真ん中処理型①(3T)


20160618191147db5.jpeg
真ん中総タゲで3殴り。
コピーのエフェクトはオリジナルより時間がかかるのですが、オリジナルより長い部分については問題選択後に使用することで問題文と選択肢両方見ることができる状態でエフェクトが発生するのでそこまでデメリットになりません。
クリティカルが発動しない限り3回殴らないといけないのでボツ。

真ん中処理型②(3T)


201606181909150df.jpeg
真ん中を2回殴り、クリティカルが発動しなかった場合は3T目にスモモのSSで落とします。
3T目はカウンターのみで落とすので誤答推奨。スモモに烈眼。

--------------------------------------------------------
これらのデッキはどれもせいぜい1:55程度のラップタイムだと思います。時速で20万に達しない程度でしょうか。
今回のトップ層は時速で22万ラップタイムで1:45くらいを出しているようなので全く話になりませんでした。

ラギト複数かクリスマスシャロンが欲しかったです。
ラギト狙いで魔道杯中に100連してみたのですが出ませんでしたね。残念。。

ガチャ記事ではラギトのところで、『この手の精霊が魔道杯で活躍するビジョンは見えなくなってきた』とか、カウンターキワムのところで『魔道杯で使うことはないだろう』とか言っといてコレだからなぁ…笑
まぁどんな仕様で魔道杯が来るかわからないから何でもかんでもとりあえず確保しておくみたいなやり方は自分にはできないので、ガチャ評価の方針は今後も大きくは変わらないと思います。

他に注目なのは今までは死にスキルだった“無に還す”のスキルが大活躍したことですね。
私は今回初めてこのスキルを使用したのですが、倒す時のエフェクトがすっきりしていることと、発動タイミングが敵の怒りより早いことで、思っていたよりも使いやすかったです。

SPスキルが使用できる状態で開始&1戦のみという仕様のおかげでいつもとは全く違う構築に。

今回はiPad proを購入しての魔道杯だったので、どこかでデイリー取りたかった。
iPad proの使用感としては、慣れない端末の大きさに違和感はありましたが、入賞スキップもしやすかったですし、やっぱり速いと思いました。特に今回のような1周が短い魔道杯では相対的に端末差やスキップの成功率の影響が大きいですね。

魔道杯の感想


今回は初のバーニング仕様の魔道杯ということで開催前はどのようなものになるのかすごく楽しみにしていました。
蓋を開けてみると、1位が6500pt、しかも速ければ2,3Tというとんでもない魔道杯となっていました。運が良ければ1Tも狙えるようですね。

雷推奨というのは期待通りで、その場合はミルドレッドゲーにはしないだろうなとも思っていたのですが、それも配慮していたのかどうかわかりませんがやはりそうはなりませんでした。
ただ、1戦しかないのでボスの復活を想定していたのですが、そういうわけではなかったですね。

この魔道杯の形式については賛否両論のようで…
2,3Tデッキを組むためには相当手持ちが要求されたと思います。特に自己ブーストやカウンターの充実していないプレイヤーには少し厳しいものになっていました。もっともゴーストが緩いこともあって、覇級で1位を取るだけなら色々なデッキが作れたので意外と覇級で稼げた方は多かったのではないかという印象です。

争っている人数が大して変わらない以上、覇級で稼げる手持ちのある人の効率が時間面でもコスト面でも良くなったってだけなのでそれにはどちらかといえば好意的。むしろ未だに弐式で稼げちゃうみたいな方が疑問ではあったし。まぁ、このステージで6500ptはちょっと高すぎるような気もしますが。

ただ、パネルもゴーストもゆるゆる設定で、2,3Tで終わる1戦しかないっていうのは単純につまらなかったです。
楽しいっていう意見も聞くから人それぞれですかねぇ。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。